KURATOMO 第4回 日本酒コン

kuratomo_catch

〜好評につき日本酒コン第四弾開催決定!美酒王国・秋田県の日本酒を堪能〜

美酒大国秋田の蔵元を招き、「日本酒が好き」という共通のテーマのもと集まった男女を対象とした、地域活性化イベント「KURATOMO 第4回 日本酒コン」を2015年11月22日(日)に、東京・浅草の「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)浅草店」にて開催いたします!

「KURATOMO 第4回 日本酒コン」は、突出した清酒の生産量と消費量を誇る、美酒王国秋田の日本酒を、地元秋田県産のおつまみと共に、お楽しみいただきながら、秋田県の蔵元や日本酒好きとの交流を通して、秋田県の地域活性を目指したイベントです。
 
当日は、話題の日本酒セルフ飲み比べ店舗「KURAND SAKE MARKET」が厳選した秋田県の蔵元を招き、参加者に自慢の日本酒を注いでいただきます。イベントを通し、秋田県の魅力を堪能することで、男女問わず交流が生まれることと期待しております。

「KURATOMO 第4回 日本酒コン」を楽しむ3つのポイント

(1)美酒王国・秋田県の厳選した蔵元が登場!自慢の日本酒を堪能できます!

azakura01

秋田県は寒冷積雪の冬が長く、古くから日本酒の消費量が多い土地です。さらに、全国でも有数な米処として、原料米の確保が容易で、良質な水源や気候風土に恵まれおり、まさに酒造りをするには最適な環境です。
 
降雪により空気が清浄化されることで、低い温度でじっくりと時間をかけた酒造りが可能となり、きめ細かな秋田の酒が誕生します。当日は、こうして丹精込めて造られた秋田の美酒に存分に酔いしれることができます。
 
※当日は、参加蔵元以外の秋田県の日本酒もお楽しみいただけます。

(2)秋田でしか飲めない「オンリーワン」の日本酒を飲み比べ!

kuratsuki_main

「蔵付酵母」とは、酒蔵に住み着く酵母のこと。秋田県にある酒蔵から「蔵付酵母」を採取し、様々な発酵試験により選抜した酵母を純粋培養して酒造りに使用。こうして秋田県独自で開発されたのが、「秋田蔵付分離酵母純米酒シリーズ」です。
 
本イベントでは、この「秋田蔵付分離酵母純米酒シリーズ」の中から厳選2商品を提供します。秋田でしか飲めないオンリーワンの味を、秋田県産のおつまみと一緒にご堪能ください。

(3) 日本酒好きな仲間との出会い

th_IMG_0119

会場には、男女合わせて80名(最大)が参加!少人数のイベントですので、アットホームな雰囲気で楽しめます。日本酒を楽しみながら、友好の輪(同性、異性問わず)を広げましょう。もちろん参加者同士だけではなく、蔵元や美味しい日本酒との出会いは、お酒を深く愛することにもつながります。

th_IMG_0236

11月22日(日)日本酒でつなぐ

出会ったばかりの二人が友達へ。親友へ、仲間へ。
友達から恋人へ。恋人から婚約者へ。婚約者から夫婦へ。
夫婦から「いい夫婦」へ。いい夫婦の日に日本酒から始まる出会いを応援しています。
KURATOMOではこれまでに、延べ250名以上のお客様が参加し、約10組のペアが誕生しています。

秋田弁のメニュー

秋田の日本酒と一緒に提供する秋田のおつまみをご紹介します!

いぶりがっこビール漬け

iburigakko

秋田を代表する漬物いぶりがっこ。通常の米ぬかのいぶりがっこではなくビール漬けなので、さっぱりと食べやすい美味しさです。

ハタハタ寿し

jidori

秋田県民のソウルフィッシュ、ハタハタ。そのハタハタとご飯、こうじ、野菜などと一緒に発酵・熟成させたハタハタ寿しは冬の秋田を代表する郷土料理です。

比内地鶏のくんせい

hatahata

日本三大地鶏「比内地鶏」のくんせい。弾力のある肉質はかめばかむほど味わい深く日本酒に合う、贅沢おつまみです。

その他

花っこなす(地元の漬物)
おにぎり等

イベント概要

タイトル KURATOMO 第4回 日本酒コン
日程 2015年11月22日(日)
時間 12:00~15:00
開催場所 KURAND SAKE MARKET 浅草店
東京都台東区浅草1-43-10レクス浅草B1階
参加費用 男性6,500円
女性5,000円
(日本酒飲み比べし放題+秋田のおつまみ)
※10月中にお申し込みいただければ、早割特典が適用され、500円割引でご購入いただけます。
参加対象者 男性20~49歳までの独身男性
女性20~39歳までの独身女性
参加人数 80人
参加蔵元 阿櫻酒造
お申込みURL http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01e8c1xswzid.html

秋田の日本酒を飲み比べ

kuratomo_top

阿櫻酒造
azakura02
阿櫻酒造は明治19年にかまくらで有名な雪深い町 秋田県横手市に創業された伝統ある酒蔵です。また横手市のシンボルである横手城の別名は、「阿櫻城」とも呼ばれております。全国五大杜氏の一つである秋田の山内杜氏・照井俊男のもと、情熱を燃やす蔵人達により、技の粋を集めた長期低温醗酵の秋田流寒仕込のお酒を醸しております。米どころ秋田の地元米のみで醸した、華やかな香りと、まろやかな味わいが調和した飽きのこない飲み口の良さが阿櫻酒蔵のお酒の特徴です。

住所 秋田県横手市大沢字西野67-2
電話番号 0182-32-0126
蔵元公式サイト http://www.azakura.co.jp
木村酒造
s-kuramoto24
創業は元和元年(1615年)の歴史ある酒蔵の木村酒造。いまでは多くの酒蔵を有する秋田県にも、当時は数えるほどしかなかったと言われています。豊臣家の重臣であった木村重成の一族が、ここでしか得られない土地の恵みを活かして酒造りをはじめたのがきっかけです。以来、天下泰平の江戸時代には稲作の安定とともに、藩政時代には院内銀山の活況とともに歩み、明治38年の奥羽本線開通後は県外出荷も開始。そして、創業から400年。いつの時代も、地域や社会の変化に寄り添いながら、ここでしかできない酒造りに従事してきました。

住所 秋田県湯沢市田町2丁目1番11号
電話番号 0183-73-3155
蔵元公式サイト http://www.fukukomachi.com/

※10月中にお申し込みいただければ、早割特典が適用され、500円割引でご購入いただけます。

「KURATOMO 第3回 日本酒コン」

kuratomo_catch (3)
「KURATOMO 第3回 日本酒コン」は、2015年10月18日(日)に、「KURAND SAKE MARKET 池袋店」にて開催いたしました。第3回のテーマは「山形県」。山形県の酒の肴をつまみに、山形県の蔵元の日本酒をご堪能いただきました。当日は、80名が参加し、2組のペアが成立しました。

イベントの様子

th_IMG_0085

th_IMG_0099

th_IMG_0253

th_IMG_0389